秘密証書遺言を作成するメリット - 遺言ガイド 秘密証書遺言編

menu
HOME » 遺言ガイド » 秘密証書遺言を作成するメリット

秘密証書遺言を作成するメリット

あなたの人生の最期の時、その意思をどのような形で残しておくかということは、どんな世代の人にとっても本当に大切なことです。
自然災害も頻発しており、どんな人でも「いつ何が」起こるか分からない世の中である以上、老若男女を問わず自分の人生の最期についてはきちんと考えておくべきです。

そこでぜひ知って欲しいのが「遺言」の存在です。
遺言というのものは、今のあなたが大切な家族や友人に自分の意思を伝え残すことができる唯一のツールです。
特に、ある程度の財産を所有している人などは自分の財産を死後どのように分配してもらうかを明確にしておく必要があります。
そうしないと、あなたの死後にあなたの大切な人たちが金銭の問題でトラブルを抱えなくてはならなくなってしまう恐れがあるからです。
そのような事態に発展しないように、遺言というものはきちんとした形式で残しておくようにしましょう。

では実際に、あなたが自分の意思を「遺言」として残そうと思った時に、どのような形式で残せば良いのでしょうか?
ここでは、大まかな遺言の形式と、特にオススメする「秘密証書遺言」について、そのメリットなどをお伝えします。

遺言書と呼ばれる文書には、大きく分けて「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2つがあります。
自筆証書遺言は自ら書いて作成する遺言書で、公正証書遺言は公証役場で作成し認めてもらう遺言書なのですが、そのどちらの要素も持っているのが「秘密証書遺言」です。
秘密証書遺言は、自筆証書遺言のように自ら書いて作成した遺言書を、公正証書遺言のように公証役場で「遺言」として認めてもらう遺言書のことです。

この形式で遺言書を作成する最大のメリットは、遺言の内容を秘密にした状態で公証人に遺言の存在を証明してもらえることにあります。
公正証書遺言の場合、公証人に遺言内容を口頭で伝え、証人2名立会いのもと作成するため、その内容を秘密にすることはできません。
また自筆証書遺言の場合は、その遺言書が本物なのかどうかでトラブルが起きてしまう恐れなども考えられます。
これらのことを避けて遺言書を作成できるということが「秘密証書遺言」最大のメリットなのです。