秘密証書遺言の作成手順とは? - 遺言ガイド 秘密証書遺言編

menu
HOME » 遺言ガイド » 秘密証書遺言の作成手順とは?

秘密証書遺言の作成手順とは?

あなたは「遺言」というものについて考えてみたことがありますか?
遺言は、あなたの人生の終わりに際して自分自身の意思を伝えるための大切なメッセージです。
あなたがこの世を去った後に、きちんと意思が反映されていくように前もって準備しておく必要があります。
ですが、いざ遺言書を書いてみようと思っても「どうやって書いたらいいのか?」「どのような形式で残せばいいのか?」などということは分からない人が多いのではないでしょうか。
そこでここでは、遺言書の作成手順として「秘密証書遺言」を例にとってお伝えしていきます。

そもそも「秘密証書遺言」とは、一般的な遺言書の中でも少し特殊な形式の遺言書になります。
一般的に多くの人が残す形式の遺言書は、自ら筆を取って書き残す「自筆証書遺言」です。
これは、遺言したい本人が自筆またはパソコンなどを使っても良いので「自ら作成して残す」遺言書になります。
この形式の遺言書の場合、きちんと法的効力のある形式で作成しておかないと遺言書として無効となる恐れがあるので注意が必要ですし、せっかく作ったのに紛失してしまうこともあります。
また、もう一つの形式である「公正証書遺言」になると、そうした心配はありませんが遺言書の内容を公開しなくては作成することができません。

そこで今回お伝えするのが「秘密証書遺言」という形式の遺言書です。
この遺言書は、他の二つの遺言書の形式とどのように作成手順が違うのでしょうか?

まず、確実に文書の不備がないことを確認して「自筆証書遺言」の形式で遺言書を自ら作成します。
そして、その遺言書に署名捺印をしたら封筒に入れ、遺言で使用した印鑑で封印をします。
手順通りに作成した遺言書を持って公証役場へ行き、公証人と証人2人の前に封筒を提出し、自ら作成した自分の遺言であることと氏名住所を申し出ます。
すると、公証人がその遺言を提出した日付や遺言に対する申し出を封筒に記載し、公証人、証人、遺言者本人が封筒に署名捺印をしたら完成です。

秘密証書遺言とは、このように遺言内容を秘密にしたまま遺言書として認められる文書を作成してもらうことができるのです。
しかし、手順をしっかり守って作成しないと遺言としては法的に無効となってしまうこともあるので注意が必要になります。