秘密証書遺言の作成例 - 遺言ガイド 秘密証書遺言編

menu
HOME » 遺言ガイド » 秘密証書遺言の作成例

秘密証書遺言の作成例

あなたは「秘密証書遺言」と呼ばれる形式の遺言書を知っていますか?
自分が亡くなった後に自らの意思を伝える唯一の文書「遺言書」。
その遺言書には、形式や手続きの違いからいくつかの種類があります。
ここでは、その中でも中身を誰にも秘密にして作成することができる「秘密証書遺言」についてお伝えしていきます。

秘密証書遺言は、一般的にはあまり知られていない形式の遺言書です。
多くの人が自ら書いて作成する「自筆証書遺言」と同じように、秘密証書遺言もその内容は自ら作成します。
ただ「作成する」といっても、手紙を書くように適当に書けば良いというわけではありません。
財産がある人はきちんと財産を記し、それを誰にどのように分配するかも書き記します。
そして、伝えたいことを全て書き終わったら、必ず日付と署名捺印をしておかなければなりません。

作成例としては「〇年〇月〇日 △△△△(氏名) 押印」といった感じで、文書の最後に書くようにしましょう。
この形式は、自筆証書遺言も秘密証書遺言も同じです。
そして、その文書を封筒に入れたら封印も押して公証役場へ持参しましょう。

公証役場には、公正証書遺言を作成する時と同じように証人2人とともに赴きます。
ですが、公正証書遺言のように内容を見られることはなく、公証人と証人の前で遺言書であると申し出るのです。
例としては「この遺言書は〇年〇月〇日に△△△△(氏名)が自ら作成した遺言書です」という感じで、口頭で申し出ます。
すると公証人が封筒にその旨を記し、公証人と証人の署名捺印をもらうと「秘密証書遺言」が完成します。

このように「遺言書」といっても、内容を自ら作成するのか、また公証役場で作成してもらうのか…によって、労力も違いますし費用面も異なります。
自筆証書遺言であれば費用は要りませんが、公証役場を利用する公正証書遺言や秘密証書遺言の場合には、ある程度作成の段階で費用もかかります。
そうしたことについては、ここでお伝えした作成例を参考にして、あなたも秘密証書遺言の作成について考えてみてくださいね。