秘密証書遺言の作成は誰に相談する? - 遺言ガイド 秘密証書遺言編

menu
HOME » 遺言ガイド » 秘密証書遺言の作成は誰に相談する?

秘密証書遺言の作成は誰に相談する?

自分の人生が終わった後でも、自分の意思を伝えてくれる「遺言書」。
遺言書の種類には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」、そしてあまり知られていない「秘密証書遺言」の3種類があります。
ここでは主に、秘密証書遺言の作成についてお伝えしていきます。

秘密証書遺言とは、自ら作成し保管する「自筆証書遺言」のように自分で遺言書を作成し、「公正証書遺言」を作成する公証役場において遺言書であると認証してもらう形式の遺言書です。
この遺言書の一番のメリットは、遺言内容を秘密にすることができるという点にあります。
自筆証書遺言も秘密にしておきたければ秘密にすることができるでしょうが、形式が違っていると遺言書として認められない恐れがあります。
また、公正証書遺言の場合は公証人が立会いの証人の前で作成するので、法的効力のある遺言書として認められますが、その内容を公開しなければ作成できません。
その点、秘密証書遺言の場合は内容を秘密にしたまま「遺言書」としての認証が得られるので、遺言書を改ざんされるリスクなどがありません。

しかし、作成に費用がかかることや証人2人を用意しなければならないデメリットもあります。
更に遺言書の内容に不備があった場合には、せっかく認証してもらっていても法的効力がない遺言書となってしまう心配もあります。
そうしたリスクを踏まえても、内容を秘密にして遺言書を作成したいと思っている人には「秘密証書遺言」がオススメなのです。

しかし、このような遺言書を作成したい時は、どこに相談すれば良いのでしょうか?
秘密証書遺言を含め、法的にしっかり効力のある遺言書を作成したい時には、司法書士や税理士などの法律の専門家に相談すると良いでしょう。
このような法律の専門家に相談することで、そもそもの文書の不備に対するリスクはなくなりますし、公証人とのやり取りや証人の用意なども代行してくれます。
専門家は相続税の申告書を作る上でも重要になってきます。
もちろんその分費用はかかりますが、きちんとした遺言書を作成することができるので安心ですよね。
あなたもぜひ、遺言書に関する相談は法律の専門家にするようにしましょう。