【タイトル】遺言ガイド 秘密証書遺言編 - 遺言ガイド 秘密証書遺言編

menu
HOME » 遺言ガイド » 【タイトル】遺言ガイド 秘密証書遺言編

【タイトル】遺言ガイド 秘密証書遺言編

 

秘密証書遺言とは、公証人・証人2人以上に遺言書の存在を証明してもらいつつも、本人以外に遺言の内容を見ることができない遺言書です。
読んで時の如く、遺言書の内容が秘密にされている遺言書です。
秘密証書遺言をのこす人は多くないのが現状ですが、遺言の内容を知られたくない人ならばおすすめの方法です。

秘密証書遺言のメリットは秘密にできるだけでなく、確認の手間がかかりません。パソコンやワープロで遺言がのこせるのも、秘密証書遺言の強みでしょう。
自筆証書遺言の場合は全て自分の手で書かなければならないという、絶対的な決まりがあります。
しかし手が不自由な方となると、流石に厳しいです。

でも秘密証書遺言であれば、他の人に代筆してもらうことも可能です。
ただし遺言書の署名に関しては、自筆で行わなければならないので要注意です。
秘密証書遺言のデメリットは、無効になる確立が高くなることです。

公証人は遺言内容を確認しないので、万が一間違った方法で書いてしまうと無効になる恐れがあります。
書くには2人の証人が必要になるため手間がかかり、お金もかかります。
更に遺言を確認するには、家庭裁判所から検認を受けなければいけません。
秘密証書遺言を書く際には、メリットとデメリットをきっちり理解した上で記すようにして下さい。

秘密証書遺言の書き方は、手書きやパソコンなどで遺言内容を記します。
全部書き終わったら捺印・署名した上で封筒に入れて、押印をします。
押印する際には、遺言書で書いた印鑑と同じものを使って下さい。
もし違う印鑑で封筒に押印すると、無効になってしまいます。

封筒に入れた遺言書を持って、2人の証人と共に公証役場へ向かいます。
そして公証人と証人2人の前で仕上げた遺言書を提示して、自分の遺言書であることを証明します。
公証人は遺言書を提出した日付と遺言者の申述を封紙に記入し、遺言者と2人の証人が署名押印したら完成です。

秘密証書遺言の書き方を少しでも間違えてしまうと、遺言が無効になるだけでなく変なトラブルを招き入れてしまう恐れがあります。
間違いを防ぐためには、弁護士などの専門家に相談した上で書くようにして下さい。

ただ万が一書き方を間違えてしまったとしても、自筆証書遺言として有効になる可能性があります。
ただ自筆証書遺言として使えるように作成するにも、専門家の力は欠かせません。
重要な書類でもあるので、自分1人だけの判断での作成はリスクが高いことを肝に銘じておいて下さい。