遺言と遺留分どっちが優先される?被相続人の兄弟は遺留分をもらえる? - 遺言ガイド 秘密証書遺言編

menu
HOME » 遺言ガイド » 遺言と遺留分どっちが優先される?被相続人の兄弟は遺留分をもらえる?

遺言と遺留分どっちが優先される?被相続人の兄弟は遺留分をもらえる?

 

遺産相続でよく耳にする「遺留分」。
遺言によってはこの遺留分を無視した遺産相続が記されていることもあります。
そんなとき、遺留分と遺言どちらを優先で考えてもらえるのでしょうか。
そこで、遺留分と遺言の関係について見ていきましょう。

 

・遺留分とは何を意味した言葉なの?
遺留分と言うのは自分の遺産取り分を意味していて、相続人であれば最低限の遺産をもらえるというものです。
遺言で見るものの中には「○○には遺産を渡さない」、「○○に全ての財産を相続させる」などと記す人もいるのですが、これは遺留分に沿って内容が書かれていないため、最低限の遺留分をもらう権利が発生するのです。
遺留分を排除できるケースとしては、被相続人が亡くなる前に相続人の希望で遺留分を放棄すると記さなくてはなりません。
これにより、被相続人が遺留分を無視した遺言を書いてしまったとしても、相続人となる人には遺留分をもらう権利があるため、遺留分の遺産相続をすることが出来ます。

 

・被相続人の兄弟(姉妹)には遺留分が発生しない!?
被相続人が亡くなってしまった場合、第1相続人となるのは自分の妻(夫)や子供ということになります。
仮に、被相続人に兄弟(姉妹)がいたとしても、これらの人は遺留分がありません。
もともと、遺留分と言うのは相続人に認められているものなので、第3相続人に対しては遺留分が発生しないと言われています。
被相続人の兄弟に関しては、被相続人の妻(夫)や子供よりも遠い血縁関係と思われてしまうので、妻(夫)や子供、親などの相続人よりも優遇されていません。
このため、遺言が見つかり第3相続人の名前がないときは遺産はもちろん、遺留分の請求もできなくなるので注意しましょう。

 

このように遺留分と言うのは相続人に認められているものです。
このため、遺言に自分の名前がなかったとしても、被相続人の子供である場合は遺留分として遺産をもらうことが出来ます。
遺言よりも遺留分を優先してもらえることが多いので、遺言で自分の名前がなかったという場合は弁護士などを通して遺留分としての遺産をもらえるように働きかけましょう。
しかし、被相続人の兄弟(姉妹)が遺留分を求められるかという話になると、また別の話になります。
そもそも、兄弟の間には遺留分が発生しないので、遺言に兄弟に関しての遺産相続が書かれていなかったとしても、遺留分の請求を求めることは出来ないのではないかと考えられます。