遺言ガイドの記事一覧 - 遺言ガイド 秘密証書遺言編

menu
HOME » 遺言ガイド

遺言ガイド

遺言書の3つの種類

 

代表的な遺言書には3つの種類があって、それにより書き方が変わってきますし、それぞれにメリット・デメリットがあります。
自筆証書遺言は、自分で文字が書けて押印が可能な状態なら作成できる遺言書で、最も簡単な遺言方法と言えるのです。
ただ15歳以上であることや家庭裁判所による検認が必要になるなど、遺言書が無効にならない方法について抑えておくことが大事になります。
自筆証書遺言を書く際に抑えておくポイントは、代筆やPCでの作成は不可になるので自分の直筆で書くこと、録音や映像で残すことは無効になることです。
また、いつ遺言書が書かれたのかを明記する、署名と押印を必ず行うなども大事なポイントで、夫婦の共同遺言はNGになるので注意しましょう。
ちなみに、押印については実印でなくても認印や母音でもOKで、遺言書本文の自署名に押印がなくても、遺言書本文の入った封筒の封じ目に押印があればOKです。

公正証書遺言は、公証役場の公証人に遺言者が遺言内容を伝えて、公証人が遺言者から聞いた内容を遺言書に落とし込むという共同作業で作る遺言方法になります。
自分で作成した自筆証書遺言と比較して、専門家のチェックが入るため確実性がありますし、遺言が無効になる可能性が無いといった特徴があるのです。
また遺言に記載されている相続財産が何なのかといった自筆証書遺言にありがちな紛らわしさもありませんし、裁判所の検認も必要ありません。
しかし、作成に時間がかかる、費用が発生する、証人2名の立会いが必要になる、存在や内容を秘密にできないなどといったデメリットがあるのです。
このように、効力に疑問が入る余地がなく被相続人が残せる遺言として優れた方式と言えますが、デメリットもあることを理解して選択する必要があります。

秘密証書遺言とは、自筆証書遺言と公正証書遺言を足して割ったような遺言書で、遺言者が遺言内容を他人に知られたくない場合に利用する遺言方法です。
具体的には、遺言者が自分で作成した遺言書を公正役場に持って行って、間違いなく本人のものであることを明確にしてもらいます。
ただ、専門家のチェックが無いので不備が残る可能性が高い、紛争につながる危険性がある、家庭裁判所で検認手続が必要などのデメリットがあるのです。
遺言書の内容や存在を誰にも知られたくないという気持ちは分かりますが、遺言書の存在を遺族に知らせないと意味がありません。
ですから、遺言書を作成するのなら自筆証書遺言か公正証書遺言を利用される方が良いです。

遺言と遺留分どっちが優先される?被相続人の兄弟は遺留分をもらえる?

 

遺産相続でよく耳にする「遺留分」。
遺言によってはこの遺留分を無視した遺産相続が記されていることもあります。
そんなとき、遺留分と遺言どちらを優先で考えてもらえるのでしょうか。
そこで、遺留分と遺言の関係について見ていきましょう。

 

・遺留分とは何を意味した言葉なの?
遺留分と言うのは自分の遺産取り分を意味していて、相続人であれば最低限の遺産をもらえるというものです。
遺言で見るものの中には「○○には遺産を渡さない」、「○○に全ての財産を相続させる」などと記す人もいるのですが、これは遺留分に沿って内容が書かれていないため、最低限の遺留分をもらう権利が発生するのです。
遺留分を排除できるケースとしては、被相続人が亡くなる前に相続人の希望で遺留分を放棄すると記さなくてはなりません。
これにより、被相続人が遺留分を無視した遺言を書いてしまったとしても、相続人となる人には遺留分をもらう権利があるため、遺留分の遺産相続をすることが出来ます。

 

・被相続人の兄弟(姉妹)には遺留分が発生しない!?
被相続人が亡くなってしまった場合、第1相続人となるのは自分の妻(夫)や子供ということになります。
仮に、被相続人に兄弟(姉妹)がいたとしても、これらの人は遺留分がありません。
もともと、遺留分と言うのは相続人に認められているものなので、第3相続人に対しては遺留分が発生しないと言われています。
被相続人の兄弟に関しては、被相続人の妻(夫)や子供よりも遠い血縁関係と思われてしまうので、妻(夫)や子供、親などの相続人よりも優遇されていません。
このため、遺言が見つかり第3相続人の名前がないときは遺産はもちろん、遺留分の請求もできなくなるので注意しましょう。

 

このように遺留分と言うのは相続人に認められているものです。
このため、遺言に自分の名前がなかったとしても、被相続人の子供である場合は遺留分として遺産をもらうことが出来ます。
遺言よりも遺留分を優先してもらえることが多いので、遺言で自分の名前がなかったという場合は弁護士などを通して遺留分としての遺産をもらえるように働きかけましょう。
しかし、被相続人の兄弟(姉妹)が遺留分を求められるかという話になると、また別の話になります。
そもそも、兄弟の間には遺留分が発生しないので、遺言に兄弟に関しての遺産相続が書かれていなかったとしても、遺留分の請求を求めることは出来ないのではないかと考えられます。

【タイトル】遺言ガイド 秘密証書遺言編

 

秘密証書遺言とは、公証人・証人2人以上に遺言書の存在を証明してもらいつつも、本人以外に遺言の内容を見ることができない遺言書です。
読んで時の如く、遺言書の内容が秘密にされている遺言書です。
秘密証書遺言をのこす人は多くないのが現状ですが、遺言の内容を知られたくない人ならばおすすめの方法です。

秘密証書遺言のメリットは秘密にできるだけでなく、確認の手間がかかりません。パソコンやワープロで遺言がのこせるのも、秘密証書遺言の強みでしょう。
自筆証書遺言の場合は全て自分の手で書かなければならないという、絶対的な決まりがあります。
しかし手が不自由な方となると、流石に厳しいです。

でも秘密証書遺言であれば、他の人に代筆してもらうことも可能です。
ただし遺言書の署名に関しては、自筆で行わなければならないので要注意です。
秘密証書遺言のデメリットは、無効になる確立が高くなることです。

公証人は遺言内容を確認しないので、万が一間違った方法で書いてしまうと無効になる恐れがあります。
書くには2人の証人が必要になるため手間がかかり、お金もかかります。
更に遺言を確認するには、家庭裁判所から検認を受けなければいけません。
秘密証書遺言を書く際には、メリットとデメリットをきっちり理解した上で記すようにして下さい。

秘密証書遺言の書き方は、手書きやパソコンなどで遺言内容を記します。
全部書き終わったら捺印・署名した上で封筒に入れて、押印をします。
押印する際には、遺言書で書いた印鑑と同じものを使って下さい。
もし違う印鑑で封筒に押印すると、無効になってしまいます。

封筒に入れた遺言書を持って、2人の証人と共に公証役場へ向かいます。
そして公証人と証人2人の前で仕上げた遺言書を提示して、自分の遺言書であることを証明します。
公証人は遺言書を提出した日付と遺言者の申述を封紙に記入し、遺言者と2人の証人が署名押印したら完成です。

秘密証書遺言の書き方を少しでも間違えてしまうと、遺言が無効になるだけでなく変なトラブルを招き入れてしまう恐れがあります。
間違いを防ぐためには、弁護士などの専門家に相談した上で書くようにして下さい。

ただ万が一書き方を間違えてしまったとしても、自筆証書遺言として有効になる可能性があります。
ただ自筆証書遺言として使えるように作成するにも、専門家の力は欠かせません。
重要な書類でもあるので、自分1人だけの判断での作成はリスクが高いことを肝に銘じておいて下さい。

秘密証書遺言の作成は誰に相談する?

自分の人生が終わった後でも、自分の意思を伝えてくれる「遺言書」。
遺言書の種類には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」、そしてあまり知られていない「秘密証書遺言」の3種類があります。
ここでは主に、秘密証書遺言の作成についてお伝えしていきます。
『秘密証書遺言の作成は誰に相談する?』 の続きを見る

秘密証書遺言の作成例

あなたは「秘密証書遺言」と呼ばれる形式の遺言書を知っていますか?
自分が亡くなった後に自らの意思を伝える唯一の文書「遺言書」。
その遺言書には、形式や手続きの違いからいくつかの種類があります。
ここでは、その中でも中身を誰にも秘密にして作成することができる「秘密証書遺言」についてお伝えしていきます。
『秘密証書遺言の作成例』 の続きを見る

秘密証書遺言ってパソコンでも作れる?

最近、雑誌やメディアで注目され取り上げられている「終活」。
人生の終わりを穏やかに自分らしく迎えるための準備である「終活」について、あなたは考えてみたことがありますか?
終活といっても、お墓を決めたりお葬式の段取りをするだけではなく、この機会に「遺言」について考えてみましょう。
遺言というものは、あなたの死後に唯一あなたの意思を伝えてくれる大切なものです。
ですから、きちんとした遺言書を作成して残された家族や親せきのために自分の意思を記しておくようにしましょう。
『秘密証書遺言ってパソコンでも作れる?』 の続きを見る

秘密証書遺言の作成は公証役場へ行こう!

自分の人生が終わった後で、家族や大切な人へのメッセージとなる「遺言書」。
あなたはもう、自分の遺言書を準備していますか?
遺言書というのは、ただ手紙のように気持ちを書いて残しておけば良いというわけではありません。
あなたの死後に、財産分与などのトラブルを回避するための重要な書類ですから、きちんと法的効力のある遺言書を準備しなくてはならないのです。
『秘密証書遺言の作成は公証役場へ行こう!』 の続きを見る

秘密証書遺言の作成手順とは?

あなたは「遺言」というものについて考えてみたことがありますか?
遺言は、あなたの人生の終わりに際して自分自身の意思を伝えるための大切なメッセージです。
あなたがこの世を去った後に、きちんと意思が反映されていくように前もって準備しておく必要があります。
ですが、いざ遺言書を書いてみようと思っても「どうやって書いたらいいのか?」「どのような形式で残せばいいのか?」などということは分からない人が多いのではないでしょうか。
そこでここでは、遺言書の作成手順として「秘密証書遺言」を例にとってお伝えしていきます。
『秘密証書遺言の作成手順とは?』 の続きを見る

注意したいデメリット…秘密証書遺言

どんな人にとっても、人生というのはいつ何が起こるか分かりません。
たとえ若くて健康な人であっても明日事故にあって最期を迎える可能性がありますし、急な自然災害に巻き込まれることが絶対にないとは言い切れません。
ですから、老若男女を問わず「自分の人生の最期」について真摯に向き合い、考えておく必要があるのです。
そうしたことを踏まえても、今これだけ自然災害が多発している日本において、様々な世代の人々が注目していることがあります。
それが「終活」と呼ばれる、人生の最期を「自分らしく」迎えるための活動です。
『注意したいデメリット…秘密証書遺言』 の続きを見る