遺言書の3つの種類 - 遺言ガイド 秘密証書遺言編

menu
HOME » 遺言ガイド » 遺言書の3つの種類

遺言書の3つの種類

 

代表的な遺言書には3つの種類があって、それにより書き方が変わってきますし、それぞれにメリット・デメリットがあります。
自筆証書遺言は、自分で文字が書けて押印が可能な状態なら作成できる遺言書で、最も簡単な遺言方法と言えるのです。
ただ15歳以上であることや家庭裁判所による検認が必要になるなど、遺言書が無効にならない方法について抑えておくことが大事になります。
自筆証書遺言を書く際に抑えておくポイントは、代筆やPCでの作成は不可になるので自分の直筆で書くこと、録音や映像で残すことは無効になることです。
また、いつ遺言書が書かれたのかを明記する、署名と押印を必ず行うなども大事なポイントで、夫婦の共同遺言はNGになるので注意しましょう。
ちなみに、押印については実印でなくても認印や母音でもOKで、遺言書本文の自署名に押印がなくても、遺言書本文の入った封筒の封じ目に押印があればOKです。

公正証書遺言は、公証役場の公証人に遺言者が遺言内容を伝えて、公証人が遺言者から聞いた内容を遺言書に落とし込むという共同作業で作る遺言方法になります。
自分で作成した自筆証書遺言と比較して、専門家のチェックが入るため確実性がありますし、遺言が無効になる可能性が無いといった特徴があるのです。
また遺言に記載されている相続財産が何なのかといった自筆証書遺言にありがちな紛らわしさもありませんし、裁判所の検認も必要ありません。
しかし、作成に時間がかかる、費用が発生する、証人2名の立会いが必要になる、存在や内容を秘密にできないなどといったデメリットがあるのです。
このように、効力に疑問が入る余地がなく被相続人が残せる遺言として優れた方式と言えますが、デメリットもあることを理解して選択する必要があります。

秘密証書遺言とは、自筆証書遺言と公正証書遺言を足して割ったような遺言書で、遺言者が遺言内容を他人に知られたくない場合に利用する遺言方法です。
具体的には、遺言者が自分で作成した遺言書を公正役場に持って行って、間違いなく本人のものであることを明確にしてもらいます。
ただ、専門家のチェックが無いので不備が残る可能性が高い、紛争につながる危険性がある、家庭裁判所で検認手続が必要などのデメリットがあるのです。
遺言書の内容や存在を誰にも知られたくないという気持ちは分かりますが、遺言書の存在を遺族に知らせないと意味がありません。
ですから、遺言書を作成するのなら自筆証書遺言か公正証書遺言を利用される方が良いです。